お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

tel.087-880-7722
閉じる

50歳以上で組む住宅ローンのポイント

大西 弓佳

皆様こんにちは☀️
広報部の大西です!

いきなりですが住宅を購入するタイミングや買い替えるタイミングは、人によって異なると思います。

なかには、老後の生活を考え、50歳を超えたタイミングでの住宅購入や買い替えを検討されている方もいらっしゃいます。

住宅ローンを組む年齢を考えると、50歳以上は決して若くはありません。

いざ住宅ローンを組もうと思っても、
「50歳を超えても住宅ローンを組むことができるのか」
「完済までの期間を考えると50歳以上で住宅ローンを組むリスクはないのか」等、
本当に問題なく借り入れできるのか、返済できるのかが気になるものです。

そこで今回は、50歳以上で住宅ローンを組む際に知っておきたい注意点や、住宅ローンを選ぶ際のポイントをお伝えします。

住宅ローンの借り入れを検討している50歳以上の方は、必見です。

50歳以上でも住宅ローンを組むことは可能?

老夫婦
50歳以上の方のなかには、
「そもそも住宅ローンは50歳以上でも組めるのか」が
気になっている方もいると思いますが、50歳以上でも住宅ローンを組むことは可能です。
 
主な金融機関が提供する住宅ローンの申し込み可能年齢と完済時年齢は書きの通りとなります。
・住信SBIネット銀行   
  申込可能年齢 満20歳以上満65歳以下        
  完済時年齢  80歳未満
 
・じぶん銀行     
  申込可能年齢 満20歳以上70歳未満            
  完済時年齢  満80
 
・新生銀行        
  申込可能年齢 20歳以上65歳以下   
  完済時年齢  80歳未満
 
・三菱UFJ銀行
  申込可能年齢 20歳以上70歳の誕生日まで  
  完済時年齢  80歳の誕生日まで
 
・フラット35   
  申込可能年齢 満70歳未満 
  完済時年齢  80
このように、住宅ローンは、50歳以上でも問題なく組むことができます。
 
ただ、年齢の面では条件をクリアしていても、場合によっては審査に通過できず、
住宅ローンを組めないケースがあります。
 
住宅ローンに申し込む際は、以下の点に注意しましょう。

健康状態

健康
住宅ローンを組む際の必須条件の一つに、団信(団体信用生命保険)への加入があります。
 
団信とは、住宅ローン契約者に万一のことがあった場合、保険会社が債務を肩代わりし、契約者の住宅ローン残高がゼロになる住宅ローンに特化した生命保険のことです。
 
ただし、健康状態に問題がある場合、団信に加入できず、住宅ローンが組めない点には注意が必要です。
 
団信への加入がハードルとなり、ネット銀行やメガバンク等が提供する住宅ローンを組むのが難しい場合は、団信への加入が必須ではない「フラット35」や、「ワイド団信」(※従来の団信よりも引き受け条件が緩和された団信)が付帯できる住宅ローンへの申し込みを検討しましょう。

返済能力

お金
50歳以上の方に限ったことではありませんが、住宅ローンは毎月返済する必要があるため、返済能力の有無も、審査の際に重要なポイントです。
 
安定した収入がない場合や、資産が少ない場合、審査に通過するのが難しく、住宅ローンを組めない可能性が高い点にも注意しましょう。

50歳以上で住宅ローンを組む際の注意点

それでは、50歳以上で住宅ローンを組む場合、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。
 
ここでは、50歳以上で住宅ローンを組む際の注意点についてお伝えします。

返済期間が短い

住宅ローンには完済時年齢が決まっており、80歳までに完済しなければなりません。
 
そのため、50歳以上で住宅ローンを組むと、30代・40代で住宅ローンを組む場合と比較し、返済期間が短くなります。
 
返済期間が短いと、その分、毎月の返済額が増え、返済負担も大きくなります。
 
この点は、50歳以上で住宅ローンを組む際に注意しておきたいポイントです。

老後も住宅ローンの返済が継続

50歳以上で住宅ローンを組む場合、定年退職後(65歳以降)も住宅ローンの返済が継続します。
 
つまり、年金生活をしながら、住宅ローンを返済することになります。
 
収入が減少する老後にも毎月住宅ローンを返済する必要があり、家計を圧迫する可能性がある点も、注意しておきたいポイントの一つです。
 
50歳以上で住宅ローンを組む際は、事前にしっかりと資金計画や返済計画を立てておくことが重要です。

50歳以上で組める住宅ローンのポイント

では、50歳以上で組める住宅ローンを選ぶ際のポイントについてお伝えします。

住宅ローン金利が低い

適用金利の低い住宅ローンであれば、その分、総返済額を抑えられ、毎月の返済負担を軽くできるメリットがあります。

団信が充実している

数ある金融機関のなかには、すべての病気やけがを保障する「全疾病保障」や、がんと診断された場合に住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」等を無料付帯しているところがあり、住宅ローン返済期間中の万一に備えることができます。
 
住宅ローンを選ぶ際は、団信の内容についてもチェックしておくと安心です。

まとめ

50歳以上で住宅ローンを組む際の注意点やポイントをお伝えしました。
 
住宅ローンは50歳以上でも組むことができます。
 
ただ、50歳以上で住宅ローンを組むからこそのリスクや注意点があるのもまた事実です。
 
住宅の購入や買い替えを検討しており、50歳以上で住宅ローンを組む際は、リスクについても事前にしっかりと把握し、無理なく返済していけることが重要です。
 
50歳以上で住宅ローンを組もうと考えている方は、住宅ローン組む場合の注意点や、ポイントを確認し、住宅ローンを組む際にお役立てください。
 
それでは、また!!

この記事を書いた人

広報部

大西 弓佳

1998年9月1日 愛媛県松山市生まれ

RESERVATION

モデルハウスへの
来場予約はこちら

来場予約する

おすすめの分譲住宅

ページトップへ

PAGE TOP