お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

tel.087-880-7722
閉じる

もうすぐ当たり前になる!?ZEH住宅とは?

大西 弓佳

こんにちは!
広報部の大西です。

太陽光発電の普及に伴って、最近では自然エネルギーを利用したエコ住宅が増えてきました。「スマートハウス」や「長期優良住宅」というさまざまな住宅の名称の中でも、特に注目されているのが「ZEH(ゼッチ)」です。
省エネだけでなく、エネルギーを創るZEH。快適性や経済性を考えた次世代の住宅として注目されています。今回は、ZEHの基礎知識についてご紹介します。

ZEHって、そもそも何?

ZEHとは?

最近よく聞くZEH(ゼッチ)。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略がZEHです。ZEHをものすごくと簡単にまとめると

◆保温効果が高く→魔法瓶のように!

◆給湯機などが高性能・高効率

◆電力をあまり使わない家(省エネ!)

◆太陽光発電で電気の自給自足  これがZEH住宅です。

 

 

ZEH住宅の基準クリアにはいくつか項目がありますが、まとめると

◆断熱性能が高く、隙間がない住宅にする

◆高性能・高効率な省エネの設備を採用

◆一次消費エネルギー100%を補える太陽光パネルを載せる の3つになります。

断熱性能が高いとは?

冬暖かく、夏涼しい、これが一番わかりやすい説明になります。

これは壁や屋根の断熱材を厚く性能の良いものにするだけでなく、窓ガラスも重要です。

ガラスが大きいほど、熱は逃げるので省エネには不向きです。

今流行りの大開口サッシですと、ZEH住宅では使えないと言われる可能性もあります。

ですが、窓自体の性能を上げることで、大きな窓を付けることが可能なの場合もあるので、住宅会社に相談してみましょう。

 

ZEHの基準は地域によって違います。

必要以上に性能を上げる必要はありませんが、基準値を上回る性能(高断熱・高気密)にしておくことで、生活の質も必ず上がるはずです。

高性能・高効率な省エネの設備とは?

省エネにかかわる設備は冷暖房、照明、換気、給湯の4種類だけです(テレビや冷蔵庫、ドライヤーなどは含みません)。

この中でも一番簡単にクリア出来るものでいうと、照明です。

LED照明にすればほぼ基準はクリアします。

冷暖房機器でいうと、ZEH基準に該当する機器の品番が決まっているので、どの品番が該当なのかしっかり確認してから購入しましょう。

また、今まで各居室に一台づつ冷暖房機器を付けていた方もZEH住宅ですとそこまで台数は必要なくなりますので、必要最低限に留めておくことをオススメします。

 

一番難しいのは換気設備です。

換気設備は3種類あるのですが(第1種、第2種、第3種)、間取りや建物の大きさなどで機器の価格や給気口、排気口の必要数も変わります。

こればかりは、自分で調べるよりも、完全に住宅会社に頼りましょう。

ZEHの補助金を受ける際の注意点

ZEHは国が作ったもので、2020年までに標準的な新築住宅をZEHに、2030年までに新築住宅の平均がZEHになることを目指しています。

そのため、ZEH住宅には補助金がもらえます。

ただし、登録されたZEHビルダー(ハウスメーカーや工務店など)/ZEHプランナー(建築事務所など)を利用してZEH住宅を建てないと、補助金の対象にはなりません

 

また、補助金の申請スケジュールは細かく決まっているため、タイミングを逃すと補助金はもらえません。

ZEHはもうすぐ当たり前になる住宅の姿。

今から家を建てるなら光熱費を抑えられて、年中快適に過ごせるZEH住宅をぜひ検討しましょう。

この記事を書いた人

広報部

大西 弓佳

1998年9月1日 愛媛県松山市生まれ

RESERVATION

モデルハウスへの
来場予約はこちら

来場予約する

おすすめの分譲住宅

ページトップへ

PAGE TOP