お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

tel.087-880-7722
閉じる

漆喰のメリットって?

大西 弓佳

家の壁は漆喰の壁がいいとお考えの方が増えています。
真っ白な壁をはじめ、ヨーロッパ調の凹凸感ある漆喰壁は自然な雰囲気を表現し、暮らしを素敵に演出してくれます。

そんな漆喰の壁にはもちろんメリットがたくさんありますが、デメリットや注意すべきポイントもあります。

今回はまず、メリットから紹介したいと思います。

手軽にお手入れできる壁

漆喰

日本の現代住宅では、ビニールクロスを貼って壁を仕上げることが一般的です。

ビニールクロスは低コストや工期の短縮といった長所があり、低価格で、施工することができます。

ただし、経年劣化が進みやすく、定期的に張り替えなどを行わなければなりません。

 

 

一方漆喰の場合、長時間経過してもほとんど見た目の変化がありません。

最初に塗った際のきれいな状態を長時間キープできます。

漆喰は消石灰を主原料にしていて、静電気をため込まない性質を持っています。

そのため、ほこりやゴミなどが付着しにくいのも特長のひとつです。

 

 

また、小さなお子様のいる家庭の場合、壁に落書きして汚してしまうのではないかと心配に思う方もいるかと思います。

ビニールクロスの場合、その部分を張り替えないといけません。

しかし漆喰の壁であれば、落書きした上から薄く漆喰を上塗りすれば、きれいにできます。

ビニールクロスの張り替えと比較すると、簡単な作業で落書きを消すことができます。

ちなみにちょっとした汚れであれば、自宅にある消しゴムを使ってきれいに消せます。

 

 

メンテナンスが簡単ってとても嬉しいですよね!!

優れた調湿効果

漆喰のメリットの中でも特筆すべきなのが調湿作用です。

漆喰はよく「呼吸する壁」といわれます。

これは、湿度の高い状態だと余分な水分を吸い取り、逆に湿度が低くなると水分を放出するという、湿度調整の機能を持っているためです。

 

 

漆喰には細かな穴がたくさん開いています。

この多孔質な表面で湿気をコントロールします。

梅雨時期など湿気の高い状態でもお部屋の中は快適で、カビやダニなどの発生を抑制する効果が期待できます。

年間を通じて快適な湿度に調節してくれます。

耐火性に優れている

漆喰は燃えにくい素材です。

不燃材料として建築基準法の中でも認められています。

もしもお部屋で失火したとしても、火がお部屋の中全体に燃え広がりづらい特性を持っています。

防火対策という意味でも、漆喰はおすすめです。

 

 

ビニールクロスは化学物質で作られているため、万が一燃えてしまった場合、有毒ガスの発生する可能性があります。

一方自然素材である漆喰の場合、火事で壁が万が一燃えたとしても、有毒ガスの発生する可能性は極めて低いと言えるでしょう。

 

この記事を書いた人

広報部

大西 弓佳

1998年9月1日 愛媛県松山市生まれ

RESERVATION

モデルハウスへの
来場予約はこちら

来場予約する

関連する家づくりコラムブログ

おすすめの分譲住宅

ページトップへ

PAGE TOP