お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

tel.087-880-7722
閉じる

地震に強い家

アイラックホーム

ラックくんとアイルちゃん

たびたび、東北などで大きな地震がありますね。

福島県・宮城県では、多くの家屋が被害を受けております。

被害にあった方には、一日も早い復興を願っております。

日本は、地震大国だと日々思うので、今回は地震に強い家をお伝えします。

地震に強い家とは

地割れ2

住宅(建築物)は地震が起こった際に縦方向や横方向に強い力を受けます。

 

また、地震や強い風の影響がなくても住宅は、常に上から下にチカラ(荷重)がかかっており、常に2階以上のチカラ(荷重)は1階に流れており、そしてそれを地面に流しています。地震に強い家=耐震性の高い家は、

 

地震での建物にかかるチカラを耐えることができること

 

上下の方向のチカラの流れがスムーズになっていること

 

このことが大切な条件となります。

 

そして、この条件をクリアーするには、家(住宅・建物)の形は、「単純であればあるほど良い」と考えられております。

単純な四角形が地震に強い

地震に強い家は、単純であればよいということです。

 

そして、家の単純な形とは、四角形のことをいいます。

 

正方形や長方形などの家が、地震に強い家といえるのです。

 

その理由は、上下縦横の6つの面が、ひとつとなって支えあっているからです。

 

地震が起きても、そのチカラが壁や地面に伝わりやすいので耐えることができるのです。

 

簡単な例でいうと、正方形に近い箱(段ボール)をつぶそうとしても、なかなかつぶれません。

 

これは、箱が面どうしで支えているので外からのチカラに耐えて壊れにくい構造だからです。

 

箱型の四角い家が、地震に強いのは、地震のチカラを吸収して耐える事ができるからなのです。

 

また、逆に言うと凹凸の多い、複雑な形の家は、地震のチカラに耐えられず、地震に強い家とは、言いにくいのです。

壁の量が多い家も地震に強い

壁の量の多さも、地震に強い家の条件のひとつです。

 

壁の量が少ないと、地震のチカラを吸収できない場合があります。

 

また、1階と2階の壁の位置が同じ場合は、更に地震に強くなります。

2階にリビングも地震に強い

1階にリビングをという考えが一般的ですが、地震に強いとは言いにくいです。

 

1階に大きな空間の部屋をつくると2階より壁や柱の量が少なくなることがあります。

 

この場合は、家を支えるチカラが弱くなり、地震に強いとは言えない場合がございます。

 

逆に2階にリビングなど大きな空間の場合は、1階の壁や柱の量が2階寄り多くなり、地震に強い家となります。

 

また、吹き抜けなども壁の支えるチカラが弱くなります。

 

大きなLDKや吹き抜けなどの大空間は、家づくりの際のあこがれますが、地震に関しては強くないことを頭に入れておいてください。

その他の地震に強い家

シロアリ対策ができている

シロアリにより、土台や柱や壁などが、食べられてしまうと地震に対するチカラが弱くなる場合がありますので、シロアリ対策も行いましょう。

窓が少ない家

窓が多くなると、壁のチカラが弱くなり、地震に耐えられない場合があります。

 

ガラスばりの家も家づくりの際のあこがれですが、地震に強くないことは、頭の片隅にいれて検討しましょう。

屋根が軽い家

屋根が重い家も、家に負荷がかかり、地震に対するチカラは、弱くなります。

 

最近の屋根材は、殆どが軽量化し地震対策もおこなっておりますので、問題はないと思いますが、屋根が軽い家も地震に強いという事を家づくりの際は、頭に入れておきましょう。

まとめ

地震に強い家ということで家のカタチをメインにお伝えしましたが、その他にも、地盤の強さだったり、基礎の強さだったり、、地震に強い家の条件は、様々にあります。

 

また、土地の形状により、家のカタチを四角形にできない場合でも地震に強い家にする方法は、特別な工法や耐震・免振・減震対策など多数あります。

 

家づくりは、人生の中で一番大きな買い物の一つです。

 

その大きな買い物で、家族と暮らし守ることが大きな使命と思います。

 

地震大国の日本での家づくりでは、地震に強いことを頭にいれて、家づくりを検討することをオススメ致します。

この記事を書いた人

アイラックホーム

広報部

ラックくんとアイルちゃん

土地探しから新築分譲住宅、企画住宅から注文住宅のことまで、家づくりにまつわるお役立ち情報を発信するよ!

RESERVATION

モデルハウスへの
来場予約はこちら

来場予約する
ページトップへ

PAGE TOP