お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

tel.087-880-7722
閉じる

土地の購入を検討されている方必見!土地探しで失敗しないための5つのポイント

山本 あすか

土地を購入してその場所にマイホームを建てようと計画している時は夢が膨らむばかり。しかし、実際にプランニングを進めてみると、あれこの土地本当に住みやすい?と疑問に感じたり、こんなはずではなかったと後悔される方も少ないようです。そんな土地探しの段階での失敗を避けるために、ここではいくつかのポイントを紹介していきます。

マイホームの第一歩は土地探しから

憧れのマイホームを建てるために、まず必要なのが「土地」です。土地を探すためには、インターネットで検索したり、不動産屋に相談するなどして情報を入手する必要がありますが、私たちアイラックホームのような、土地情報に強い工務店に相談するという方法もあります。そのような工務店では、ご家族の希望や条件に合わせて、豊富な土地情報の中からおすすめの土地を提案してもらうことができます。

しかし、土地の良し悪しを判断することは、事前の知識なしには難しいでしょう。ここでは、土地探し、土地購入において、どのようなことに気をつければ良いのかを紹介していきます。最低限抑えておいていただきたい5つのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

土地探しに失敗しない5つのポイント

防災マップやハザードマップで自然災害の影響をチェック

住宅地

地震や台風、そしてゲリラ豪雨など、日本における自然災害はよく発生しており、その被害も年々甚大になることが多くなっています。土地選びでは、このような自然災害が発生した時にどのような影響があった、もしくは影響がある可能性がある土地なのか、これらを知っておく必要があります。

その調べ方で最も基本的なものは、自治体が公表・発行している防災マップやハザードマップを確認するという方法です。これから購入しようとする土地が、どのような被害が想定されるの場所なのか確認してみましょう。

また、これまでにどのような災害が起きた土地なのかを知ることもできますので、そのような情報も集めてみましょう。

法律的に「家」が建てられる土地かどうかをチェック

分譲地

その土地がどれだけ気に入ったものであっても、その土地に家が建てられなければ意味がありません。建築基準法上、実は家が建てられない土地だった、というようなことが後から気づくことのないように事前に調べる必要があります。

例えば、前面道路に2m以上接していないような土地には家を建てられないという法律がありますが、そのような条件についても細かくチェックが必要です。また、住宅用地ではなく農業専用の土地であった場合、それらを住宅用地に変更するために申請が必要で、すぐには家を建て始められないといった場合もあります。

 

これらの法規制に関する相談や判断は、最終的に専門家に任せた方がいいでしょう。アイラックホームで取り扱っている土地はもちろん住宅を建てるために厳選したものですのでご安心ください。

 

過去にトラブルのあった土地ではないか?

土地の境界

土地の価格を調べていくと、相場よりも随分と安い土地が見つかる場合があります。

そんな時は、安易に飛びついてはいけません。なぜ安いのかをまずは理解しましょう。安いには安いなりの理由があることが多いもので、過去に何らかのトラブルを抱えた土地である可能性も否定できません。

土地の権利や面積を巡る何かしらのトラブルが過去に発生していないか、また、近隣住民とのトラブルがなかったかなど、土地に詳しい専門家や不動産屋、工務店に事前に確認してみましょう。

土地の価格は必ず需要と供給のバランスによって決まるものですので、いろいろな土地の情報を見て「相場感」をしっかりと身につけることで、ちょっとした異常に早めに気付けることができます。

近隣に住環境を細かくチェックしておきましょう

土地

土地を購入しマイホームを建てるということは、その土地で何十年と生活することを意味します。賃貸であれば、その住環境が気に入らなければ引っ越すという選択肢も容易に考えられますが、マイホームの場合はそう簡単にはいきません。

 

その土地で実際に生活をすることを具体的にイメージし、交通などのインフラ、買い物施設、学校などの教育施設、病院、公園、などもしっかりチェックしましょう。

実際に周辺を歩いたりすることで、音や光や匂いなどを感じることもできます。

また、土地の見学は基本的には昼間にすることが多いと思いますが、同じ場所に時間帯を変えて訪れることもおすすめです。

夜間の住環境はあまり知らないままに土地を購入される方も多いですが、事前にいろいろな角度から調べたりイメージを膨らませることにより、後々その土地を購入して後悔してしまった、ということを防ぎたいものです。

「借りてもいい金額」≧「家づくりの総額(土地+建物+諸経費)」

住宅ローン

最後のポイントは土地の購入費用についてです。

マイホームを購入される方の多くが住宅ローンを利用されると思いますが、まずはご自身が「借りてもいい金額」≧「家づくりの総額(土地+建物+諸経費)」という関係を理解することが大事になります。

どれだけいい「土地」に出会えたとしても、「建物」を建てるお金や「諸経費」に回す費用が足りなければ意味がありません

現在の収入や生活スタイルで、総額どの程度のあれば借入することができるのかを把握しましょう。アイラックホームでは、住宅ローンや土地探しの費用面でも相談に乗っていますので、お気軽にお問い合わせください。

まとめ:土地探しはアイラックホームと一緒に

土地の選び方は難しい。その一言につきます。住宅は、間取りやデザイン、設備の仕様など、ある程度相場が決まっているものが多く、色々な情報を見ていけばある程度の費用感は掴めるようになります。

しかし、土地の条件は千差万別。周囲の環境の変化や自然災害など、どうにもできない部分によってその価値が決まるからです。そして、見つけたお気に入りの土地の価格が、半年後、1年後にどうなっているかもわかりません。また、同じ土地、という物は存在しないので、他の人に購入されてしまえば、また土地選びを始めなければなりません。

そういった意味で、事前に土地選びの知識を見につけておき、その土地を購入したい時にすぐに判断できるように備えておく、といったことがとても重要になるのです。

アイラックホームでは土地の選び方や購入についてのご相談も喜んで対応いたします。専門家の視点から、皆様のマイホームにぴったりの理想の土地探しをお手伝いいたします。

この記事を書いた人

広報部

山本 あすか

1994年9月7日 茨城県石岡市生まれ

RESERVATION

モデルハウスへの
来場予約はこちら

来場予約する

関連する家づくりコラムブログ

おすすめの分譲住宅

ページトップへ

PAGE TOP